人生

「必須スキル」 雑談力の鍛え方5選 雑談力を鍛えれば人生が変わる

こんにちは!こうだいです

突然ですが皆さんは、異性と話すとき会話が続かない、上司といるときの沈黙が気まずい、会話が苦手だからそもそも何を話していいかわからない、といった経験をしたことはないでしょうか?私もつい最近までしょっちゅう悩んでいました。

なので今回は、雑談力の鍛え方を5つに分けて紹介していこうと思います。
この記事を読むことにより

  • 相手との適切な話題を見つけること
  • 相手を楽しませ好印象を与えること
  • その場を盛り上げることができるようになる

というようなことができるようになると思います。
それでは紹介していきましょう

雑談力を鍛える5つの方法

1 雑談の始め方


上手に質問を使って、相手から会話を引き出し、会話をリードしていきましょう。

まずは何といっても雑談を始めなければなりません。話したいと思っても相手から話しかけてくれるのを待っていたらいつまでたっても会話が始まりません。

ではどのようにするかというと、重要なことは相手に焦点を当て、相手が話しやすいテーマを設定しましょう
例えば話しかけることには成功したけど

 「最近○○にハマってるんだけど、これやってる?」
というように、自分を軸にしゃべる人がいると思いますが、これは相手が興味がなかった場合は、すぐに飽きてしまいます。

一方、相手に焦点を当ててみると
「最近○○さん○○にハマってるって聞いたんだけど、どういうところが好きなの?」

というように相手に焦点を当て、相手が話題の中心になるように話を振ると、相手も自分に興味のある話題なので、スムーズに会話が続いていきます。

自分の話もしたいと考える人もいると思いますが、ある程度しゃべった後は相手がこちらのボールを投げてくれます。

まずは相手から質問を使い上手に会話を引き出していきましょう

2 話の広げ方

聞き上手よりもさらに上である話させ上手を目指す

みなさん聞き上手な人は雑談がうまいという認識だと思いますが、それよりもさらに上である話させ上手というものがあります。これは相手にただしゃべらせておくより、何倍も楽しく会話できるようになります。

ここで重要なことは、いかに相手に話したくなるような空間を作るかです。
どのようなことに気を付けるかというと、「接続詞」です

「ということは」「そうすると」「ちなみに」のような話を進める接続詞を使ってみましょう。

「最近仕事ばかりで疲れちゃいますよ」「そうなんですか~、、、」
「最近仕事ばかりで疲れちゃいますよ」「ということは、最近寝不足ですか?」

というようにするとどんどん会話を引きだすことができます。
これをすると相手の話したい欲求が満たされ、最高な空間になります。

相手との相違点に着目して話を聞いてみる

相手との距離を縮めようとするとき、共通点ばかりを探している人はいませんか?

よくセミナーとかでもこのように言われているらしいですが、確かに共通点があれば盛り上がりますが、初対面だったり、相手の情報が少ないときは共通点を探すのは難しいと思います。なので相手との相違点に着目してみましょう。

「私サッカーが大好きなんですよ」「私は野球のほうが好きです」→会話終了
「私サッカーが大好きなんですよ」「そうなんですか、ちなみに部活もサッカー部だったんですか?」「はい、部活に命ささげてました(笑)」

というように相違点に着目して、面白がって話を聞くと、相手も喜んで話してくれます。

共通のことで話したいという人もいると思いますが、共通点<<相違点の場合がほとんどです。まずは相違点に着目して話を盛り上げていれば、そのうち共通の話題も出できます。

3聞き方やリアクション


感嘆詞をうまく使い、徹底的に反応してあげましょう

なぜなら、相手の話に無反応なのは、完全に相手の存在を否定してしまう行為だからです。

「ねーねー、今日○○に行ってきたよ」「、、、、、」
こんなことをやっていてはいずれ誰も話しかけては来なくなってしまいます。

「へ―そうなんだ」「はあーそれは楽しそう」と感嘆詞を使って反応しましょう。感嘆詞を使うことにより言葉に感情をさらに乗せることができます。

これにさらにプラスするといいことがあります。それはうなずくことです

いくら感嘆詞を使っていても、そっぽを向いていたり、声のトーンが低かったらあまり効果がありません。そんな時に「うんうん」とうなずきを入れることで一気に相手にちゃんと聞いてくれてる、と思われるようになります。

大御所MCである所ジョージさんはなんと1分間に6回も感嘆詞を連発して話を聞いていました。
私たちも、うなずきと感嘆詞をセットにして、相手の話に反応し、相手に気持ちよくしゃべってもらえるようにしてみましょう。

4 雑談の盛り上げ方

30秒くらいで会話を回すようにしよう

みなさん3分くらいの間べらべらしゃべってしまっていませんか?だらだら自分の話ばかりする人は嫌われてしまいます。テンポよく会話できる人は、大体30秒くらいで相手に質問したりして会話を振っています。

なぜ30秒くらいがいいのかというと、人間は興味のないことに対して30秒以上すると急激に集中力が落ちてしまいます

みなさんもよく見ているテレビのCMとかも大体15~30秒くらいで構成されています。あれは、人間の集中力が30秒ほどで切れるのが分かっているからです。

皆さんご存じのさんまさんは、自分でボケて、話しを振ってまた新たな展開を作る天才です。さんまさんが2分も3分もべらべらしゃべっているのを私は見たことないです。

しゃべってるときに秒数なんてわかんないよ、という方もいると思いますが、そういう時は、俺しゃべりすぎかもと思ったとき、相手に話を振ってみましょう。それを繰り返していればおのずと30秒くらいでテンポよく会話ができると思います。

ずっと自分の話ばかりではなく、30秒くらい経ったら、適度に相手に話すタイミングを入れ、リズムよく会話ができるようにしてみましょう

笑いの取り方

結論の手前にギャップを持たせる

みなさん結論を言う時に普通に言っていませんか。それでも面白い話はできると思いますが、それをさらに面白くするためには結論の手前にギャップを持たせましょう。
そうすることによって普通の話が際立っていきます。

「俺の友達、怒るとめっちゃ怖いんだよね」にギャップを入れると
「俺の友達、彼女の前だと甘えん坊だけど、怒るとめっちゃ怖いんだよね」

と「彼女の前だと甘えん坊」というギャップを持たせることで、少し面白いニュアンスが足されたと思いませんか?
ギャップの作り方が難しいという方は、結論と反対の意味の言葉を入れてみると、簡単にギャップを作ることができます。

みなさんも結論の前にギャップを作り、笑いを起こしてみましょう

5 相手の懐にスーッと入る方法

相手の話を聞くときはお腹の向きを意識しよう

相手の話を聞くときは、お腹もその人に向けるようにしましょう。話しかけられたときに視線だけをを向ける人や、そもそも視線すら合わせない時があると思います。

それをされると、相手は話しずらく、雑に扱われているように感じてしまいます。

相手が勉強しているときや、パソコンなどをしているときに自分が話しかけたとして、作業しながら適当に話をする人と、椅子を自分のほうに向けて話を聞いてくれる人、どちらが安心して話をできるかは一目瞭然です。これくらい相手にお腹を向けるということが重要なのが分かってもらえると思います。

少し面倒だと思う人もいると思いますが、それをするだけで印象がガラッと変わるので、やってみる価値は十分にあると思います。
ぜひ皆さんも相手にお腹を向けて、安心して話をできる空間を作ってみてください。

自己開示は少しずつしよう

自己開示には法則があります。自分のいいところや悪いところをさらけ出すと、相手からの警戒心が解きやすくなり、信頼関係が築きやすくなります。

自分の失敗談とかを話したときに、相手が実は私もそういう経験したことあります、というような会話をしたことがあると思います。まさしくこれです。

自己開示には返報性があります。
ではどのようにして自己開示をしていけばいいのか。それは、まず自ら1つ自己開示をして、そのあとに相手に1つ自己開示をしてもらう。また1つ自己開示をするというように、交互に見せ合うようにやってみましょう。

相手がなかなか心を許してくれない時、相手に自己開示させようとしてませんでしたか?
まずは自分から自己開示をして相手の警戒心を解き、相手が自己開示しやすい環境を作ってあげましょう。

まとめ 雑談力を鍛え、より良い人間関係を作ろう


今回は雑談力の鍛え方を5つ紹介しました。雑談について困っているけど何をすればいいのかわからない人が世の中にはたくさんいます。今回の記事を読んでくれた皆さんは、雑談力でみんなより1歩上に行けると思います。

最近はLINEなどのインターネットのコミュニケーションが目立ってきましたが、だからこそ雑談力を鍛えることにより、リアルなコミュニケーションで大きな差をつけられると思います。

みなさんもぜひより良い人間関係を作ってみてください。

ABOUT ME
こうだい
20歳大学3年生 自己成長につながることや、お金についての記事を書いています。 簿記3級取得/簿記2級勉強中/FP3級勉強中 月5冊以上の読書 日本株やアメリカ株の高配当株に投資 積み立てNISA活用中