お金

【実践済み】モノを高く売る方法【多数の企業が使っています】

今回はモノを高く売る方法について詳しく解説していこうと思います。モノを売るということはこれからの時代誰しもするようになってきます。またモノを高く売るコツを知っておくことは、ほかのことについてもいろいろと役立ちます。

 

家の不用品を売りたい
少しでもメルカリやラクマで高く売りたい
高く売るコツを知りたい
何が高く売れるか知りたい

 

このような悩みを持っている方はたくさんいらっしゃると思います。モノを高く売る方法を知っているだけで、ほかの人とは大きな差が生まれてきます。

 

早く売れるようになる
高く売れる法則が分かる
高く売れるものを買えるようになる
仕事などでも高く売る技術が使える

 

モノを高く売る方法をわかっているとこのようなメリットがあります。モノを売るだけでなく、就職やフリーで働くときにも役立ちます。

 

就職は自分を市場に売ることなので、いかに年収の高いところに自分を売ることができるかは将来を左右するほど大事なことです。

 

マーケティング会社が研究しているもの
ディズニーランドも取り入れている
「ドリルを売るなら穴を売れ」でも紹介されている

 

このように超がつくほど有名なところもこの方法を取り入れています。実際に私がメルカリで売った際に役に立ったものを紹介しているので、企業だけでなくみなさんにもできる内容になっています。さっそく紹介していきましょう。

モノを高く売る

そのモノの適正価格の見積もりを出す

モノを売るときは事前にいくら位で売れているかを調べて相場を知るようにしましょう。
なぜなら、そうしないと適切な価格をつけることができず、売れ残ったり安値で買いたたかれてしまうからです。

 

メルカリなどのフリマでモノを売る場合
事前にいくらで売れているかを調べる
売れている価格のだいたいの平均を計算する
平均の少し高めを設定して、値下げなどの交渉に対応する

 

車や家などの大きなものを売る場合
査定サービスを使い複数からの見積もりを取る
一つの業者に固執せずいろいろな業者に相談する
納得できる価格の業者のところで売る

 

どちらにも言えることですが、事前にモノの市場の価格をある程度知っておくことで自分が不利になることを防ぐことができます。

 

適切な価格を知っておくことで、少し下げれば早く売ることもでき、詐欺などで安値で買われるリスクも減らすことができます。

売る前に少し手入れをして価値を上げる

手入れをして価値が上がるモノは必ず行うようにしましょう。
なぜなら、そうすることで取引の価格を上げることができ、時給で考えても大きなメリットがあるからです。

 

洋服にアイロンをかけて1000円高く売れる
バッグの汚れ落としに200円かけ3000円高く売れる
家のクリーニングを1万円でやり、10万高く売れる

 

このようにひと手間お金や時間をかけて手入れをすることにより、大きく価値が上がるモノは必ず行うようにしましょう。しかし注意点としては、時間やお金をかけても少ししか変わらないものにはやらないほうがいいです。

 

30分時間をかけて200円価格が上がったとしても、時給で見たら400円です。これは自分の時間単価とは合わないので、ほかのことに時間を使ったほうがメリットが大きいです。価格を上げるための時間と金額を計算してメリットの大きいほうを選ぶようにしましょう。

 

時間単価についてはほかの記事で詳しく解説しているのでそちらを読んでみてください。

高く売れるモノを買う

モノを高く売るには高く売れるモノを買うようにしましょう。
なぜなら、高く売るためには高く売れるモノがあったほうがいいのはもちろんのこと、買う時にもきちんと価値を見て買うことができるからです。

 

モノを高く売れるものを買うにはその価値をしっかり見決める必要があるので、買い物の質を上げることができます。

 

アウトレットなどで60%offの商品があった場合
①40%の値段は安いけど、安売りされているのには訳がないだろうか
②これに価値があるのかを調べるようになる
③フリマなどを見たら20%くらいで売られていた
④これには40%の価値はないから買うのはやめよう

 

このように、ただ金額につられて買うのではなく、本当に価値があるものを買えるようになります。

 

注意点としては、これをモノを売る際のコツなので自分が本当に欲しいものには当てはめて考える必要はありません。そこまでしてしまうと自分の欲しいものが買えなくなってしまうので、いずれ売りたいと考えるモノに当てはめて買うようにしましょう。

モノを高く売るテクニック

モノの価値を伝える

モノを売るときは性能を伝えるだけでなく、価値を伝えるようにしましょう。
なぜなら、人間は最終的には欲求を満たすために買うので、それを買った未来を想像させることが売れるためには重要になってくるからです。

イヤフォンを売りたい場合

性能だけを伝える場合
充電が長持ちします
耳にフィットできるようにできています
ノイズキャンセリンがついています

 

このように性能だけを伝えても悪くはないのですが、これだけでは人を動かすには少し足りません。

 

価値を一緒に伝えた場合
充電が長持ちするので、旅行先でも充電器を持ち歩く必要が無いです
耳にフィットするので、激しい運動をしても取れにくいです。
ノイズキャンセリングがあるので、勉強など集中したいときに外の音に気を取られません。

 

このようにモノの価値を一緒に伝えることにより、モノを買った時に欲求を解消する未来を見せることで一気に売れる可能性が高まります。

 

これはマーケティングの入門書と言われる「ドリルを売るなら穴を売れ」という本に書いてあることです。初心者でも読みやすく書かれているので、マーケティングの基礎を学びたい方は、まずはこの本から勉強することおすすめします。

一貫性の原理を使う

一貫性の原理を使うことにより、商品の売れる確率を上げることができます。
なぜなら、人間には、自分の行動、発言、態度、価値観などに対して一貫したいという心理が働くからです。

 

筋肉はあったほうがいいと思いますか→はい
筋肉をつける方法があったらやりたいですか→辛くなかったらいりたいです
辛くなかったらやりたいですか→はい
楽に筋肉をつける筋トレ器具があるのですがためしてみませんか

 

このように、1度肯定してしまった発言に対して一貫性を持たせたいという心理が働くので、これを利用することにより売れる確率を上げることができます。

 

この心理テクニックは多数の企業が使っており、その中でもディズニーランドは一貫性の原理の使い方がすごくうまいとされています。

付加価値を提供する

付加価値を提供することにで、買うか迷っている人が購入する確率を一気に上げられます。
なぜなら、付加価値がついているものには、お得感が出るようになり、このお得感は日本人がとても好きだからです。

 

同じ2500円のモバイルバッテリーを売りたいとき
おまけでケーブルが1本ついてくる
2個買えば1つ無料でプレゼント
5000円のイヤフォンを同時購入でモバイルバッテリー半額

 

このように付加価値をつけて、お得感を出すことができれば一気に売れる確率が上がります。私はメルカリで売るときは、1つおまけ商品をつけるようにしてから、同じ値段でも売れる時間が早くなったり、少し高い値段でも売れるようになりました。

 

これはとても誰でも取り掛かりやすい内容なので、1度試してみてください。

まずはいらないモノをメルカリで売ってみよう。


今回はモノを高く売るコツについて詳しく解説してきました。この技術を身に付けることは、自分にも当てはめることができます。

 

サイトで企業について調べる
履歴書などに工夫を入れてみる
資格やスキルを身に付け価値を上げておく

 

モノを高く売るコツを身に付けることにより、さまざまなところでこの技術が生きてきます。
そのためにもまずはメルカリラクマなどの誰でも出品できるところからモノを売ってみましょう。

 

まずは家にある不用品などから売ってみてください。最初は難しいかもしれませんが、慣れてくればどんどん売れるようになり、お金だけでなくモノを売る楽しさもわかってくると思います。
また初めてない方はぜひやってみてください。

 

メルカリならこの招待コードを入れて始めれば500円分のポイントがもらえるので、ポイントが欲しい方は「BDMUWF」を入れて始めてみましょう。

ABOUT ME
こうだい
21歳大学3年生 自己成長につながることや、お金についての記事を書いています。 簿記2級・3級取得/FP3級取得 FP2級をスタディングで勉強中 月5冊以上の読書 日本株やアメリカ株の高配当株に投資 積み立てNISA活用中