副業

【必読】「副業やめとけ」は基本的に無視でOKな5つの理由

悩んでいる人
悩んでいる人
・副業解禁が話題になったけど実際にどうなの?
・副業はやめとけ上司や友代から言われてやるべきか迷っている
・副業をやるメリット・デメリットを把握しておきたい

 

副業について知らないことが多くて不安を感じている方が多いと思います。

 

こうだい
こうだい
私も副業を始める前は全く同じ状況でした。なので今回は副業をやめとけと言われることについて詳しく解説します。

 

この記事を読むメリット

・副業はやめとけ基本的に無視していい理由が5つわかる
・副業をやるメリット・デメリットの両方を紹介
・どのような副業を選ぶべきかもわかる

 

副業について詳しく知る=副業について正しい判断ができる

 

知っていると知らないとでは大きな差がつくのでこの機会にしっかり理解してから副業を始めましょう。

 

✓この記事の信頼性

・副業を政府が後押しするようになった
・両学長や中田敦彦さんがYouTubeで副業をやるべきと推薦
・私自身も副業を計6ヶ月以上継続(せどり・ブログなど)

 

副業について知っているかどうかで大きな差がつくので、この機会にしっかり理解してから始めましょう。

「副業をやめとけ」は無視していい5つの理由

①本業だけで安定した収入を得られる時代ではなくなった

昔とは違い、本業だけでは安定した収入を得られる時代ではなくなってしまいました。

 

・年功序列の昇進システムの崩壊
・終身雇用システムの崩壊
・不景気による就職難やリストラの増加

 

こうだい
こうだい
昔までなら会社に入ってしまえば安泰でしたが、今の時代では逆に危ない選択肢になってしまいました。

 

終身雇用は維持できない(トヨタ社長・経団連会長が発言)

 

このことから副業を通じてスキルを高めたり、収入源を他にも確保することが大切であることが分かります。

②反対している人は副業を始めたり、稼げた経験がない人が多いから

副業を反対している人の意見を全て聞き入れる必要は全くありません。

 

・副業をやったことすらないこと
・始めたけど稼げなくてすぐにやめてしまった人

 

この人たちが言っていることには明確な根拠がない事がほとんどです。

 

こうだい
こうだい
俺より稼いでいるのが気に食わないという理由で言っている人も意外といます。

 

アドバイスしてくれるのはありがたいですが、

 

何を言われたか<<<<<誰から言われたか

 

これを重視したほうが、信頼性の高く正確な情報で判断することが可能です。

 

副業を反対している人と、賛成している人の意見を取り入れながら、誰が言っているのかにも目を傾けましょう。

③自由な生き方を得られる選択肢を捨てることになるから

副業は稼げるようになると、本業以上の収入を得ることが可能になります。

 

副業の収入=個人のスキルの大きさ=やればやるほど単価(時給UP)

 

こうだい
こうだい
これはある程度手を抜いていても給料が変わらない本業とは大きく異なる点です。

 

 

自由な生き方を得る=働かなくてもいい環境を作る

 

このためには本業以外でお金を稼ぎながら、副業の収入で不労所得になる株式投資を始めることが最も再現性が高い方法です。

 

副業でプラスα稼ぐ=そのお金を投資に回す=お金がお金を生む

 

このように投資からの収益が生活費を超えた=人生において自由な生き方をできることになります。

 

現役大学生が教える投資の始め方やポイントを詳しく解説【初心者必見】 なので今回は投資の始め方や、おすすめの投資法まで詳しく解説します。 記事を...

 

こうだい
こうだい
本業だけの収入では生活費を超えるまでの資産を築くことは難しいので副業からの収入を作っておくことが大事です。

 

ストックビジネスであれば、その副業自体も資産に生まれ変わります(ブログ・YouTubeなど)

 

【最強】ストック型の副業のメリット3選「おすすめの副業まで徹底解説」 今回はストック型の副業について徹底解説していくので安心してください。仕組みやおすすめの副業もわかります。 ...

④副業=お金を稼ぐことにしか見えてないから

副業は正直言って大学生のバイトや社会人の残業と比べると、最初のうちは稼げないことが多いです。

 

・確実な時給の方が稼げていい
・副業の時給低すぎね?(笑)
・副業をやる理由が見当たらない

 

こんなことを思っている人や、実際に行ってくる人もいると思います。

 

副業=簡単に稼げないと意味がない

 

こうだい
こうだい
こんな思考の方が多いのですが、これは間違っています。

 

副業を始める時に意識すべきこと

・副業=自身の小さなビジネス
・ビジネスでいきなり収益を上げるのは難しい
・稼げない期間にもスキルや経験はどんどん身に付く
・稼げる期間に入ると本業の時給とは比べ物にならない
・会社に人生の主導権を握られない(好きな時にやめる選択肢が取れる)

 

副業についてしっかりとして認識を持ったうえで、副業をやるかどうか決めましょう。

 

【チェック必須!】副業で成功する人の特徴6選【私の実体験付き】 ✅この記事の信頼性 ・実際に副業で何千万円も稼いでいる人が提言 ・月...

⑤ドリームキラーの人である場合が多い

副業をやめろという人はドリームキラーである人が多いです。

 

ドリームキラー=何も行動はせず批判ばかりしている人

 

こうだい
こうだい
私が高校生の時にも批判ばかりして何もしていない人がいました。

 

関わると行動するときに足かせとなってしまうので、なるべく避けておくことをおすすめします。

 

・副業なんてやめとけ
・副業なんて稼げない
・本業をおろそかにするな

 

こうだい
こうだい
何かといちゃもんをつけてくるかもしれないので、心の中で(こいつまた言ってるよ)と思っておきましょう。

副業をやるメリット・デメリット

デメリット①会社以外でも作業が必要になる

副業をするということは当然ながら本業にプラスして作業が必要になります。

 

・朝少し早く起きて作業をする
・休憩中に副業を進めやすい環境を整える
・帰宅後に副業をやる

 

1日のどこかで副業に費やす時間を作る必要があります。

 

こうだい
こうだい
これを聞くと副業なんてやりたくないと感じる人が多いと思いますが、それは副業のメリットと比べて考えるべきです。

 

この後に詳しく紹介しますが、デメリット>メリットになると思うなら副業をやらない選択肢もありです。

デメリット②一時的に趣味をする時間が減る

先ほども言いましたが、副業は本業以外の時間を確保して費やす必要があります。

 

・ゲームをしていた時間
・スマホをだらだら見ていた時間
・趣味に費やしていた時間
・飲み会に参加していた時間

 

他の時間を副業に回すことでかなり時間を確保できますが、早く成果を出したい方は趣味の時間を削る必要があります。

 

副業をやる=趣味の時間が減る=お金が早く増える=使える時間を増やすためにお金を使う(食洗器、ルンバ、乾燥付洗濯機、お手伝いさん)=趣味に使える時間が増える

 

短期的に見たら好きなことに使える時間は減りますが、長期的に見たらお金も増え、好きに使える時間も増えるので、長期的な視点を持ちましょう。

メリット①スキルや経験が身に付き本業でも役立つ

副業をすることでスキルや経験が身に付くことで、本業でも役立つ場面がたくさんあります。

 

 

副業を始めるメリットはお金を稼ぐこと以外にもたくさんあります。

 

こうだい
こうだい
副業によって身に付くスキルをしっかりと把握することで、副業を継続しやすくなります。

 

副業を継続させるためには?【結論】副業の選び方と行動を意識するべし今回は副業を継続させることについて詳しく解説していきます。 ✓この記事を読むメリット ...

メリット②資産が増えるスピードが格段に上がる

副業を始めることで資産(お金)が増えるスピードが格段に上がります。

 

副業の収入=給料にそのままプラスされるから

 

こうだい
こうだい
純粋に副業で月5万円稼げたら、生活費を変えない限り副業の5万円はそのまま貯金することができます。

 

しかも副業は稼げるようになるまでが大変なので、月5万円を稼げるようになると副業の収入がどんどん増えていきます。

 

副業で稼ぐ=将来の収入を爆上げする可能性を得る

 

こうだい
こうだい
この意識を持つと一気に副業に対してのモチベーションが上がります。

メリット③収入源が分散しリスクを減らせる

副業を始めることで収入源を分散することができるので、お金のリスクを減らすことができます。

 

本業の収入のみ=本業により収入がすべて左右される
副業の収入もある=複数の収入源があり収入が増える+安定する

 

これは本業に依存しなくて済むためにもめちゃくちゃ重要なことです。

 

副業の収入を投資に回すとさらに収入が安定する

 

こうすると一気に3つの収入源が確保でき、1つに依存することなく、より安定した収入が確保できます。

メリット④会社で働かなくてもいい選択肢を得られる

副業をはじめることで会社で働かなくてもいい選択肢を得られるようになります

 

なぜなら、本業以外の収入があることにより会社に依存する必要性がなくなるからです。

 

本業のみ=会社で働くのは必須
副業で稼ぐ=最悪会社を辞めても食べていける
こうだい
こうだい
正直会社を辞めなくても会社を辞める選択肢を持てると、気持ちにとても余裕が生まれます。

 

・何が何でも会社で働いて稼がなくてはならない

・最悪辞められるけど、お金に余裕を持たせたいので会社で働く

 

これは大きな違いなので、副業を始めて稼ぐことで会社で働かなくてもいい選択肢を得ましょう。

おすすめの副業の選び方

①副業をやる目的を明確にして用途にあったものを選ぶ

副業を始める時に、やる目的を明確に決めることで自分に合った副業を選ぶことが可能になります。

 

・今すぐ収益を上げたい
・時間はかかっても収益が高い副業がいい
・本業や転職で活かせるスキルを一緒に身に付けたい
・いずれ副業を本業にしたい

 

いろいろあると思いますが、なぜやるのかを明確にするとおのずとやるべき副業が絞られてきます。

 

すぐ収益化したい→せどり・セルフバック(自分で商品を体験することで報酬GET)
スキルを一緒に身に付けたい→プログラミング・WEBライター・ブログ
収益が高い副業をやりたい→ブログ・YouTube

 

こうだい
こうだい
私は時間がかかってもいいのでスキルを身に付けながら収益性の高い副業がやりたかったのでブログを選びました。

 

まずは目的を明確にしてから自分に合った副業を選びましょう。

 

【実体験付き】現役大学生が教えるおすすめの副業6選【難易度別で紹介】今回は大学生におすすめの副業について詳しく解説していきます。 結論から言う...

②スキルや経験が身に付く副業を選ぶ

副業をやるならスキルや経験が身に付く副業を選ぶようにしましょう。

 

なぜなら、個人のスキルが向上すると、本業での成果も出やすく、転職や独立の際にも役立つようになるからです。

 

・スキルや経験が残らない副業=稼ぐだけがメリットになる
・スキルや経験が身に付く副業=稼げる+本業・転職・独立の際にも役立つ

 

どうせ副業をやるならスキルや経験も一緒に身に付く副業をやるべきです。

 

こうだい
こうだい
しかもスキルや経験が身に付く副業の方が稼げる額が圧倒的に高いのも事実です。

 

【やらなきゃ損】大学生にブログがおすすめな3つの理由・5つのメリット なので今回はブログが大学生におすすめな理由を紹介していきます。 ...

③費用対効果が低い副業はしない

副業を始める場合には、費用対効果が低い副業はしないようにしましょう。

 

なぜなら、時間は有限であるのと同時に、自分の使った時間にも価値があるからです。

 

①自分の時間には価値があることを認識する
②副業で得られる収益やスキルを確認する
③自分の時給(給料)を上げられる・それより稼げる副業を選ぶ

 

こうだい
こうだい
これに当てはめるなら、アンケートサイトの報酬などは避けるべきです。

 

スキルは身に付かず、本業の時給や残業代よりはるかに低い報酬だからです。

 

こうだい
こうだい
稼げる副業やスキルが身に付く副業はたくさんあるので、一度調べてみるべきです。

 

【実体験付き】現役大学生が教えるおすすめの副業6選【難易度別で紹介】今回は大学生におすすめの副業について詳しく解説していきます。 結論から言う...

「副業をやめとけ」は基本的に無視でOK!やる理由を明確にして副業を始めよう

今回は副業やめとけと言われている人向けの記事を書いてきました。

 

もう一度まとめておきます。

 

「副業をやめとけ」は無視していい5つの理由

①本業だけで安定した収入を得られる時代ではなくなった
②反対している人は副業を始めたり、稼げた経験がない人が多いから
③自由な生き方を得られる選択肢を捨てることになるから
④副業=お金を稼ぐことにしか見えてないから
⑤ドリームキラーの人である場合が多い

人の意見を取り入れることも大事ですが、それより自分で考えだした結果の方が大事です。

 

この記事で紹介したメリットやデメリットを加味して自分にとって最良の選択をしましょう。

 

こうだい
こうだい
私にとって副業はメリットが多かったので始めてよかったです。

 

今回は以上です。

【実体験付き】現役大学生が教えるおすすめの副業6選【難易度別で紹介】今回は大学生におすすめの副業について詳しく解説していきます。 結論から言う...
副業を始めるならブログが圧倒的におすすめな7つの理由【始め方まで徹底解説】 おすすめの理由や注意点も一緒に知ることができるので、照らし合わせながら自分に向いているか...
ABOUT ME
こうだい
21歳大学3年生 自己成長につながることや、お金についての記事を書いています。 簿記2級・3級取得/FP3級取得 FP2級をスタディングで勉強中 月5冊以上の読書 日本株やアメリカ株の高配当株に投資 積み立てNISA活用中