人生

【必見】会話力を上げる6つの方法 会話力が上がるとほとんどの悩みは解消される

今回は会話力を上げる方法について詳しく解説していこうと思います。会話について悩みを持っている人は自分が思っている以上にたくさんいます。

初対面の人とうまく話せない
話しがなかなか弾まない
異性との会話に困ることが多い
沈黙の時間が気まずい

 

こんな悩みを持っている方はいませんか。人間はコミュニケーションが人生のほとんどを占めているので、この悩みを解消することは人生の大きな悩みのほとんどを解消するといっても過言ではないと思います。

人間関係の悩みが解消される
コミュニケーションが円滑にとれる
話したい人と話す時間が増える
自己肯定感が上がる

 

この記事で紹介することを実践することができれば、このようなメリットがあります。この記事は、2020年のビジネス書で一番売れた「人は話し方が9割」をまとめているので、効果についても申し分ないと思います。

 

また、私が実践してみて特によかったものを紹介しているので、実際に役に立つと思います。
それではさっそく紹介していきましょう。

1今より会話力を上げる方法

1自己肯定感を上げる

自己肯定感を上げることで、会話力を上げることができます
なぜなら、「話すのに自信がない」という1番の不安要素がなくなるからです。そうすることで、今よりずっと楽に人と付き合えるようになり、確実に会話力が上がります。

 

話し方における自己肯定感を上げる方法
1話が肯定的な話題が多い人(環境)とかかわる
2会話の中に否定の言葉をなくす

 

特に2つ目は特に重要です。自分だけが気を付けていても相手が言ってくる場合もあるので、否定の言葉のない空間の作り方を知る必要があります。

 

否定のない空間の作り方
1否定の言葉を使わない
2笑顔でうなずく
3明るい話題で話す

 

この3つを意識することで、相手との会話の中で愚痴やディスリなどが出てくることがほとんどなくなります。

 

それでも否定の言葉ばかり言う人もいることがあると思いますが、それは自己肯定感を上げる方法の1番に当てはまらないので、その人とはあまりかかわらないようにしましょう。

わざわざ自己肯定感が下がる人と無理してかかわるメリットはないですよ。

2話し方より聞き方を重視する

話し方において1番大事なことは聞くことです。
なぜなら、人は誰しも自分のことが1番大事で1番興味があるからです。

 

例えばクラスの集合写真や友達とみんなで集まった写真を見たとき、1番に目につき、確認する顔は自分自身だと思います。これを会話に落とし込むと

1相手の興味のある話をする
2相手の話に共感や理解を示す

 

このように自分のことをわかってくれる人に好意を持つようになります。
しかし話を聞いているときの態度がよくないとあまり効果がありません。聞き上手の人が意識している3つのことがあります。

1顔の表情(笑顔で聞く)
2声のトーン(少し大きいくらいの声で)
3体のしぐさ(身振り手振りを使う)

 

これを意識することで、相手に興味を持っていることを伝えることができます。そうすることで相手も自分に興味を持ってもらえるので、お互いの自己肯定感が上がり、気持ちよく会話をすることができます。

3相手にしゃべりやすくさせる拡張話法

拡張話法を使うことにより、会話が弾むようになります
なぜなら、人は自分に1番興味があり、拡張話法を使うことにより自分の話したいことを気分よく話すことができるからです。

初めての場所に行った場所の感想を友達に話したいとき
「昨日○○行ってきたんだ」→「俺も行ったことある。あそこは~~」
「昨日○○行ってきたんだ」→「そうなんだ!めっちゃ楽しそうだね」

 

このように、相手の話を取ってしまう人と、興味を持って聞いている人では、後者のほうがお互いに気持ちよく会話をすることができます。
拡張話法の5つのステップを紹介していきます。

1感嘆…相手の話を聞いた後に「へー」「うわー」などの感嘆詞を使う
2反復…相手の話を繰り返す
3共感…相手の話に「わかる」「よかったね」などの共感をする
4称賛…相手を評価する
5質問…相手の話を広げたり勧めたりする質問をする

 

これをすることにより、会話の主導権は自分にありながら、相手に気持ちよく会話をさせることができます

 

これを意識しながら会話するのが難しいという方もいると思います。そのような方は2番の相手の話を反復することと、5番の質問だけでも行うことができれば、十分相手に気持ちよくしゃべってもらうことができますよ。

2また会いたいと思われる話し方

1ほめ方のコツ

ほめ方は、なんでもほめればいいというわけではありません
なぜなら、人は言葉の奥にある気持ちを感じ取ることができるからです。なので、相手が何を大切にして、どこを褒められるとうれしいかを見極めることが大事です。

ほめる時に効果が上がるワード
1「やっぱり~」(初対面は×)
2「ボソッとつぶやく」

 

この2つのことは想像以上の効果があるのでとてもおすすめです。同時に2つを使うとさらに効果が上がります

 

仲のいい友達や彼女から「やっぱり、○○と一緒だと楽しいな」と独り言のように言われたら、めっちゃうれしくないですか。
みなさんもタイミングを見計らって使って、相手を喜ばせてあげてください

2正しい話より好かれる話

自分が話したいことより、相手が求めている話をしましょう。
なぜなら、人間は好き嫌いで判断し、感情によって動いているからです。

何を食べるか
どこへ行くか誰と遊ぶか
どの子と付き合うか

 

みなさん最終的には好き嫌いで判断していると思います。なので、相手の求めている話をすることで、相手に好意を持ってもらいやすくなり、また会いたいと思ってもらえるようになります。

 

その時の注意点としては、話を売り込むようではなく、相手の役に立つような情報をしたいというようなスタンスで話すようにしましょう。そのような気持ちの部分が話を続けていくと、相手に届くようになります。

3笑わせてくれるより一緒に笑わせてくれる人が好き

人は話が面白い人よりも、その話を一緒に笑いあえる人を好きになります
なぜなら、1-2でも紹介しましたが、人は誰も自分に一番興味があり、それをわかりあってくれる人を好きになるからです。

 

相手の話を聞いているとき、一緒に笑いあえ楽しい場にする言葉
先輩などの年上の場合「あはは、それは面白いですね!もっと聞かせてください」
友達や彼女の場合  「あはは、それめっちゃウケる!もっと聞かせて」

 

このように、自分の話に共感してくれて興味を持って聞いてくれていると、相手も楽しそうに話してくれるようになります

 

その時に聞き上手の人が意識している、

1顔の表情
2声のトーン
3体のしぐさ

 

これを意識できるようになったら、今までより格段に友達や異性からの好感度が上がりますよ。

3会話力を上げる方法を身に付け、より良い人間関係を築こう

今回は会話力を上げる方法と、どのようにしたら相手にまた話したいと思ってもらえるのかを解説してきました。すでにできていることがある人や、ほとんどできていなかった人もいると思います。

しかし、今から意識して会話をすることができれば、どちらの人も会話についての悩みがなくなり、楽しく会話ができることがとても多くのなると思います。

 

会話についての悩みがなくなり、楽しく話ができるようになると、人生においての満足感や心理的な余裕がとても上がるので、ぜひ皆さんも実践してみてください。

この記事のことをもっと詳しく知りたい方は、「人は話し方が9割」を読むことをお勧めします。


会話については、ほかの記事でもいくつか書いているので興味のある方そちらも含めて読んでもらえると、さらに成長できると思います。
「簡単」伝え方のコツ5つ これを使えばだれでも響く言葉を作れます
「必須スキル」 雑談力の鍛え方5選 雑談力を鍛えれば人生が変わる

ABOUT ME
こうだい
20歳大学3年生 自己成長につながることや、お金についての記事を書いています。 簿記3級取得/簿記2級勉強中/FP3級勉強中 月5冊以上の読書 日本株やアメリカ株の高配当株に投資 積み立てNISA活用中