人生

「人生が変わる」 伝え方のコツを3つのステップに分けて詳しく紹介

こんにちには!こうだいです

今回は伝え方のコツを紹介していこうと思います。みなさんは

  • 相手に思ったように伝えられない
  • 同じことを頼んだのに人によって結果が違った

こんな経験をしたことがあるのではないでしょうか。これは伝え方のコツを知っていないからです。そのような言葉は意識的に作れることができます。

今回の記事を読めば

伝わる言葉を日常的に使えるようになる
「ノー」と言われていたことを「イエス」変えられる

人は1日20回ほどお願いをしています。このお願いが「イエス」になることができれば、あなたの人生は大きく前進することができます。

ではさっそく紹介していきましょう。
雑談力を鍛えたい場合はこちら
「必須スキル」 雑談力の鍛え方5選 雑談力を鍛えれば人生が変わる

1「イエス」に変える3つのステップ

1自分の頭の中をそのまま言葉にしない

自分の求めることをそのまま口にせず、一度考えてみましょう
なぜなら、何でもかんでもストレートに言うことは「バクチ」と同じだからです。

もし、就活や受験の面接のとき、受かる可能性を上げるように考えてから言葉を発していると思います。それを意識して常に行うことで、その可能性を大幅に上げることができます。

まずは、頭で思ったことをそのまま口に出すのをやめてみましょう。

2相手の頭の中を想像する

自分の頭の中をそのまま口にするのをこらえた後は

  • お願いに相手がどう考えるか
  • ふだん相手は何を考えているのか

というように相手の頭の中を想像しましょう。そうすることで、どのように頼めばイエスをもらえるのかが分かってきます。

テキスト例えば、あなたが女のこと「デートしたい」と考えていたとします。
「デートしてください」と、そのまま伝えたら場合、自分に興味がなかったらアウトです。
その時に相手の頭の中を想像して

  • 遠出があまり好きじゃないって言ってたな
  • おしゃれなカフェ巡りにハマっているらしい

というように、相手の基本的な情報を思い出してみましょう

3相手のメリットと一致するお願いを作る

先ほど思い浮かべた情報をもとに、相手の文脈でお願いを作りましょう

なぜなら、「デートがしたい」という目標を達成できるならそれでいいからです。

  • 「デートをしたい」
  • 「近くにおしゃれなカフェがあるんだけど一緒に行かない」

という2つのお願いは、後のお願いのほうが「イエス」をもらえる可能性が高くなると思います。

この2つのお願いはあなたにとって、どちらも「デートしてください」と言っているのと同じです。しかし結果が変わってくるのは、相手のメリットと一致するお願いを作れているかどうかの違いです。

この3つのステップで言葉を作ると、今まで「ノー」と言われていたものの多くが、「イエス」に変わります。

2「イエス」に変える5つの切り口

1相手の好きなこと

ステップ2の「頭の中を想像する」時の切り口が5つあります。その中の王道である

「相手の好きなこと」から作ることにより,相手のメリットに変えるやり方です
これに言い換えることによって「イエス」をもらえる可能性がぐんと上がります。

例えばご飯を早く食べたいと店に入ったとき、そこが混んでいて店員さんに

  • 「少々時間がかかってしまいますが、大丈夫でしょうか?」
  • 「できたてをご用意しますので、少しお待ちいただけますか?」

このように言われた時では、後者のほうが待とうと思いませんか。

これはストレートにお願いせずに、「できたて」という相手のメリットを使うことにより、結果を変えることができました。
まず頼みごとをする時は、相手の好きなことを想像して、メリットになるようにお願いしてみましょう。

2嫌いなこと回避

相手の嫌いなことを想像して、言葉を作ることもできます。
「これあなた嫌いでしょ、だからやらないようにしましょう」という切り口です。
これは、使い方次第で大きな効果を得ることができます。

例えば、自宅の庭で果物や野菜を育てていて、それを盗難されることに悩んでいたとして

「盗難はおやめください」
と書いてあっても、それはあなたのメリットでしかないので、効果が薄いです。

「防犯カメラが設置されており、自動で通報するようになっています」
相手の嫌いなこと(通報されたくない)を考えて、お願いすると成功する可能性が高まります。

これは実際にあった話ですので、何か嫌なことをやめてほしい場合は、相手のいやなことを回避するようなお願いを作りましょう。

3選択の自由

相手の好きなことからの応用で、2つ以上の相手の好きなことを並べて選択肢を作りましょう。

なぜなら、選択の自由があるだけで、相手が前向きに選べるようになるからです。
人は「決断」があまり得意ではなく、2つの選択肢の「比較」が得意です。

例えば、「デートしてください」と相手に決断を促すのと
相手がお肉が好きだとして、「焼肉としゃぶしゃぶだったらどっちがいい?」

このように、相手は好きなものを比較しながら選ぶことができるので、相手のメリットを作り出すことができます。

「こっちのほうがいい」と相手が比較した後は、頭の中でそれを決断したように錯覚してしまう、心理的な効果も得られます。

このように、選択の自由を作りことにより、あなたのお願いが受け入れられる可能性が上がります。

4認められたい欲

頼みごとをするときに、相手を認めている言葉を入れましょう。
なぜなら、人は誰も認められたいという本能が備わっているからです。

その「認められたい欲」を満たそうと人間は、ちょっとした面倒のこともやろうと思います。
例えば、あなたがお店の予約をするのが面倒で、友達にお願いするとき

「次の遊ぶ日に行くお店の予約しといて」
「○○さんのお店のチョイスのセンス好きだから、お店の予約してくれない?」

と言うのでは、相手が「イエス」という確率も、いい店を探そうとしてくれる意欲も全然変わってきます。

このように、「相手の認められたい欲」を満たしましょう。

5チームワーク化

相手が「めんどくさい」「やる理由があまりわからない」と思っていることには
「一緒に○○しよう」とチームワーク化をしましょう

なぜなら、人はコミュニティー大切にし、集団行動する動物だからです。また、人は、本能的に誰かと一緒に何かをやりたい、と思っています。

友達に休憩時間の時に、「一緒にトイレ行こう」と言われたら、今さっき行った場合を除き、ほとんどの確率で、ついていったのではないでしょうか。

例えば、会社や教室などの共同で使っている部屋が汚かった時

  • 「その部屋掃除しといて」
  • 「その部屋一緒に掃除しよう」

どちらのほうが相手が動いてくれるのかは、わかると思います。
これは自分が動くことが前提なので、自分がやってもメリットがあることを頼みたいとに気に使ってみましょう。

まとめ 「ノー」を「イエス」変えて、みんなが豊かな人生を送れるようにしよう


今回は、相手から「イエス」をもらうための3つのステップと5つの切り口を紹介しました。
このすべてに共通していることは、「ノー」を「イエス」に変える答えは相手の頭の中にあります

これを実践できるところは、身近なところだけでなく、就職、プレゼン、受験、プロポーズなど、すべての場面で使うことができます

お願いはあなたの言葉ではなく、あなたと相手の思いとの共同作業です。自分だけでなく、相手にも喜んでもらえるようなお願いができるようになりましょう。

この記事をもっと詳しく学びたいという方は、「使え方が9割」という本を読むことをお勧めします。この記事はこの本を参考に要約したものです。
また100万部も売れていて、多数の有名人も称賛しているのでぜひ読んでみてください。

ABOUT ME
こうだい
20歳大学3年生 自己成長につながることや、お金についての記事を書いています。 簿記3級取得/簿記2級勉強中/FP3級勉強中 月5冊以上の読書 日本株やアメリカ株の高配当株に投資 積み立てNISA活用中