簿記

簿記2級に合格するための勉強時間は?【結論】独学かスクールかで変わる!

悩んでいる人
悩んでいる人
・簿記2級の勉強時間を知りたい
・簿記2級の概要について知りたい
・独学とスクールのどちらがおすすめか知りたい
・勉強方法も一緒に教えてほしい

 

こうだい
こうだい
こんな悩みを抱えている方におすすめの記事を書きました。

 

簿記2級は取得するとメリットがたくさんある資格なのでぜひ知識をつけてほしいと思います。

 

この記事を読むメリット

・簿記2級の概要がすべてわかる
・簿記2級の一般的な勉強時間が分かる
・独学とスクールの選び方もわかる

 

こうだい
こうだい
私も簿記2級をスクールで勉強中なので今の実体験を含めて紹介していきます。

 

✓この記事の信頼性

・商工会議所から発表されている
・簿記1級や公認会計士を取得している人がおすすめしている
・スクールの方が独学より合格率が高いことが証明されている
・実際に私が簿記2級をクレアールで勉強している

 

それではさっそく紹介していきましょう。

簿記2級の勉強時間

簿記2級は、3級とは違いたくさんの勉強時間が必要であると言われています。

 

独学の場合とスクールを活用した場合では勉強時間に差が出るといわれています。

 

独学 スクール
勉強時間 350時間~450時間 250時間~350時間

 

これはあくまで3級をすでに取得している場合の勉強時間です。

 

簿記初心者で2級を取得したい場合は、独学なら+150時間、スクールを活用するなら+100時間と言われています。

 

早く効率よく学びたいならスクールを活用することが合格への近道であることは明白です。

簿記2級の基本情報

合格率

簿記2級の合格率は結構上下しますが、だいたい10%~30%くらいです。

 

直近の5回の合格率は表でまとめたので確認してみてください。

最近は簿記2級の難易度がどんどん上がっているといわれており、簿記2級の価値が上がっている状態です。

 

こうだい
こうだい
合格することができればそれだけ役に立つ資格になっています。

試験日(試験回数)

簿記2級の試験は年3回となっています。

 

だいたい簿記2級の勉強は4か月程度で行う人が多いのでちょうどいいですね。

 

第1回 6月第2日曜日
第2回 10月第3日曜日
第3回 2月第4日曜日

 

試験日は毎年このような日程度行われることが多いです。

 

こうだい
こうだい
自分の勉強ペースや、いつまでに資格が欲しいかを逆算して勉強を始められるようにしましょう。

試験範囲

簿記2級の勉強範囲としては、商業簿記と工業簿記があります。

 

簿記3級の時は商業簿記だけでしたが、簿記2級では工業簿記が追加される形になります。

 

点数配分しては、商業簿記60点:工業簿記40点になっています。

 

商業簿記が大問3つ、工業簿記が大問2つの計5問が試験内容になっています。

 

工業簿記は比較的簡単と言われており、いかに工業簿記で満点近く点数を取れるかが合否を分けるといわれています。

 

合格点は70点です。

独学とスクールの選び方

正直に言って、簿記を勉強するならスクールを活用することを強くおすすめします。

 

合格する確率を上げたり、しっかりと理解することができ、資格を取得する以外のメリットも得ることができます。

 

簿記の資格を取得するメリットを知りたい方は下記の記事を読んでみてください。

 

簿記の資格が就活にめちゃくちゃ役立つ理由【活用法の具体例まで解説】今回は簿記が就活に役に立つかどうかについて詳しく解説していこうと思います。 このような悩みを持っている方が...

 

それでも独学かスクールかで悩んでいる方はメリットやデメリットを参考にして決めてみましょう。

 

独学のメリットやデメリット

メリット①  勉強する費用が安い(教材10000万円程度)
メリット②  自分のペースで勉強できる
デメリット① しっかりと理解することができない
デメリット② 難易度が高く挫折しやすい
デメリット③ 簿記を学ぶメリットを活かしきれない
デメリット④ 合格率が低下しやすい
デメリット⑤ トータルの勉強時間がより多く必要

 

スクールを活用するメリットやデメリット

メリット①  しっかりと理解しながら勉強できる
メリット②  つまずきやすい箇所をサポートしてもらえる
メリット③  合格率が独学と比べて上昇する
メリット④  効率よく学べ、勉強時間を短縮できる
メリット⑤  簿記を学ぶメリットを全て享受できる
デメリット① 費用がかかる(教材代を含め3~8万円程度)
デメリット② 勉強場所や時間を制限される(通信なら問題なし)

 

これらを見比べて独学かスクールを活用するかを選ぶようにしましょう。

 

こうだい
こうだい
ちなみに私はクレアールという通信スクールで簿記2級を勉強しています。

 

興味のある方はクレアールについて詳しくまとめた記事があるので参考にしてみください。

【実際に私が利用している】クレアールの簿記講座の評判や特徴を解説今回はクレアールの簿記講座の特徴や評判について詳しく解説していきます。 ✓この記事を読むメ...

合格するためのおすすめの勉強法

①スケジュールをしっかりと決める

勉強を始める前に、まずはどのようなスケジュールで勉強を進めていくかを全体図を作るようにしましょう。

 

なぜなら、何も決めずに勉強を始めると目標を見失ったり、モチベーションの低下を起こすことが多いからです。

 

・何も考えずとりあえず勉強を始める

・終わりが見えなくなったり、合格できるか不安になる

・モチベーションが低下し、勉強時間が減ったり、勉強自体をやめてしまう

 

これがありがちな最悪の勉強方法です。

 

・事前にどのスピードでどの単元を勉強するかを決める

・合格までの自分の現在地が明確になり、モチベーションを維持できる

・合格に向けて効率よく勉強できる

 

勉強ができる人はむやみに勉強を始めず、しっかりとスケジュールを立てることを必ず行います。

 

簿記においてスケジュールを立てる場合は大枠はこんな感じの人が合格しています。

 

①1ヶ月で参考書を読み切る
②2ヶ月で問題集を2周する
③最後の1ヶ月で過去問を解きまくる

 

簡単に言うと、参考書を読むインプットの作業より、問題を解くアウトプットを重視することが合格への近道です。

 

インプット8:2アウトプットが一番効率よく覚えられることは研究結果で明らかになっているので意識して計画を立てましょう。

②スキマ時間を活用する

いかにスキマ時間を活用して勉強できるかが合否を分ける重要なポイントになってきます。

 

なぜなら、一日にだいたい4時間ほどのスキマ時間があるといわれていて、その時間を勉強に使えたら、それだけ多くの時間を確保することができるからです。

 

おすすめのスキマ時間の学習法

・歯磨きをしながら講義を聞く
・ご飯を作りながら耳で学習する
・ご飯を食べながら講義を聴いたり見たりする
・お風呂に入りながら講義を聞く
・電車の待ち時間や通勤時間に仕訳を勉強

 

これだけの時間を使えたら一気に合格に近づけられます。

 

これは通信スクールで講義を見ることができると一気にスキマ時間を有効活用できるのでおすすめです。

 

こうだい
こうだい
特にクレアールは費用も3万円台と安く講義にも定評があり、私も使ってとても分かりやすくて満足しています。

 

 

③問題集を解くことに重きを置く

スケジュールを立てるところでも紹介しましたが、問題集を解くことに重きを置くようにしましょう。

 

なぜならこれが一番効率よく勉強でき、合格することができるからです。

 

問題集を解くことに重きを置く理由

・簿記は暗記科目ではないから
・問題集を解くことで苦手な分野が一発でわかるから
・アウトプットの比率を増やすほど覚えやすいから

このように簿記は問題集を解く方が早く覚えられるようになります。

 

こうだい
こうだい
最初にざっと参考書を読んだら、そのあとはほぼすべての時間を問題を解くことに当てましょう。

 

わからなかった箇所を参考書で確認することができれば、効率よく勉強を進めることができます。

簿記2級は300時間以上の勉強が必要!スクールを活用して効率よく勉強しよう

今回は簿記2級の勉強時間や概要について詳しく解説してきました。

 

独学なら350時間~450時間、スクールを活用するなら250時間~350時間が必要です。

 

お金にめちゃくちゃ困っているわけではないなら、費用対効果としてはスクールを活用するメリットは大いにあります。

 

こうだい
こうだい
私はクレアールというスクールを活用して効率よく勉強できています。

 

どちらにせよたくさんの勉強時間が必要なので、早めにスケジュールを立てて勉強を始めるようにしましょう。

 

今回は以上です。

 

【実際に私が利用している】クレアールの簿記講座の評判や特徴を解説今回はクレアールの簿記講座の特徴や評判について詳しく解説していきます。 ✓この記事を読むメ...
ABOUT ME
こうだい
20歳大学3年生 自己成長につながることや、お金についての記事を書いています。 簿記3級取得/簿記2級勉強中/FP3級勉強中 月5冊以上の読書 日本株やアメリカ株の高配当株に投資 積み立てNISA活用中