簿記

簿記の資格が就活にめちゃくちゃ役立つ理由【活用法の具体例まで解説】

今回は簿記が就活に役に立つかどうかについて詳しく解説していこうと思います。

 

悩んでいる人
悩んでいる人
・就活で有利になる資格を知りたい
・簿記って就活に役立つの?
・特に何級から役立つのか知りたい

 

このような悩みを持っている方が多くいると思うので解決していこうと思います。

こうだい
こうだい

結論から言ってしまうと簿記は就活でとても役に立ちます。

✅本記事の内容

・簿記が就活で有利になる理由が分かる
・簿記の資格を活かせる人とそうでない人がわかる
・簿記を何級まで取るべきかわかる

 

この2つを理解できれば簿記を勉強したくなること間違えなしですね。

 

✅この記事の権威性

・リクルートがデータを出している
・簿記の資格のメリットをたくさんの企業が提示している
・実際に私が3級を取得し、2級合格に向けて勉強している

それではさっそく紹介していきましょう。

簿記が就活で役に立つ理由

志望する企業の業績がわかる

簿記の勉強をすると、志望する企業の業績がわかるようになるので、就活でとても有利になります。

 

なぜなら、企業の財務諸表を読めるようになるからです。

 

✅企業の業績が分かるメリット

・面接を受ける時にその企業について詳しく知っているのでスラスラ話せる
・業績の安定している企業をたくさん受けることができる
・ブラック企業に入る可能性を大幅に減らせる

こうだい
こうだい
簿記を勉強すると企業選びでほかの就活生より一歩リードできますね。

 

しかも、口コミや評判などの不確実なものとは違い、しっかりと数字で証明されているので安心感もあります。

 

お金を借りている額が増えた→業績が厳しいそう
現金の資産が多い→安定した業績が続きそう

 

これから伸びそうな企業や、逆に停滞しそうな企業まで把握することも可能です。

 

こうだい
こうだい
簿記は全世界共通のスキルなのでほぼすべての企業の分析に使えます

企業が求めている資格であり書類選考に有利になる

簿記は企業側からとても重要視されている資格であり、書類選考などで有利になります。

簿記(日商簿記)
英語(TOEIC)
ITスキル(ITパスポート・MOS)

 

これらの3つは近年ビジネスマンの三種の神器と言われているほど大事なので、この中の簿記を勉強することはそれだけ価値のあることです。

 

しかもリクルートが発表した驚きのデータもあります。

 

 

なんと日商簿記2級がランキングで1位を獲得しています。1級もランクインしているので、さらに簿記の重要性が理解できると思います。

 

就活性の中には履歴書に書くことがないという人がたくさんいるそうです。

 

・簿記の資格を履歴書に書ける
・勉強する意欲を見せられる
・企業についてしっかりと理解している

 

 

こうだい
こうだい
これだけのメリットがあれば、就活で有利になるのはもはや必然ですね。

 

大学生が簿記の資格を取るメリットは就活以外にもたくさんあるので、気になる方は【大学生に簿記は必要?】大学生が簿記を学ぶメリットは7つありますを読んでみてください。

簿記のスキルを活かせる職種が多い

簿記の資格を取ってスキルを活かせる職種が豊富にあるのもとても魅力的です。

 

・コンサル業界
・商社や銀行などの金融機関
・ほぼすべての企業の経理・財務・会計

 

これらの企業では簿記のスキルをたくさん使うので、資格を取っておくことにより、入ってからの仕事にも役立ちます。

 

しかも、簿記を学ぶ時に楽しいとか苦痛ではないと感じていた人は、事前にその仕事が向いているかを判断することもできます

 

簿記のスキルは、営業や販売、マーケティングなどは一見関係なさそうですよね。

 

しかし、企業のお金の動きや状態を把握できることは、必ず必要になってくるスキルなので、ほぼすべての仕事に役立てることができます。

簿記の資格を活かせる人と活かせない人

簿記の資格は様々なところで役に立ちますが、その中でもスキルをめちゃくちゃ生かせる人とあまり活かせない人がいます。

 

具体例を交えてわかりやすく紹介していきます。

簿記の資格を活かせない人

簿記の資格はメリットが多数ですが、その中でもあまり活かしきれない人がいます。

①肉体労働や工場勤務など仕事にお金の情報を必要としない人
②資格を取るだけが目的になってしまっている人

 

①番の人は、残念ながら簿記の資格を持っていても仕事にはあまり活かせないと思います。

 

これは比較的誰でもわかると思います。

 

②番の人がとても多く、そしてもったいないです。

 

簿記の資格を持っているだけでもいいですが、それだけではメリットを享受しきれていません

 

・就活の企業選びに役立てる
・面接のときに資格を取った経緯を説明する
・仕事にもつかえるように応用する

 

他にもたくさんありますが、簿記の資格を様々なところで使って、初めてメリットをフル活用することができます。

 

 

こうだい
こうだい

なので、簿記の資格を取るだけで終わりにせず、いろいろなところで役立てましょう。

簿記の資格を活かせる人

簿記の資格をめちゃくちゃ生かしきれる人や職業があるので紹介していきます。

 

・コンサル・金融業界に就職したい人・している人
・経理職に就職・転職したい人
・簿記の勉強が楽しいと感じていた人
・株式などの投資に興味がある人

 

これらの人は簿記の資格をめちゃくちゃ活かしていくことができます。

 

コンサルや銀行などの金融業界では簿記の資格を入社してから求められることも結構あるといわれています。

 

また、昇進の条件になっていたり、固定給にプラスして給料をもらえることもあるので早めにとっておくとメリットがたくさんあります。

 

こうだい
こうだい
簿記の資格は株式投資をする時にもとても役立ちますよ。

 

企業の財務状態を正確に知ることができるので、安定した企業に投資ができるようになるからです。

 

投資をこれから始めてみたい方はおすすめの証券口座をいくつか紹介しているので読んでみてください。

 

簿記の資格は何級以上を取得するべきか→2級以上でめちゃくちゃ有利!

結論が先に見出しに書いていますが、簿記の資格を2級以上持っておくことで就活にめちゃくちゃ有利になります。

 

やはり、リクルートの調査でもはっきりしている通り、簿記2級からの就活や就職後のメリットが比べ物にならないくらい上がります

 

簿記3級でも伝え方次第では有利になりますが、やはり就活の観点からみると少し弱いのが正直なところですね。

 

とりあえず3級から取りたい方は他の記事で勉強法や合格率など簿記3級のすべてを解説してます。

 

 

こうだい
こうだい
私もクレアールで2級取得に向けて勉強中なので、一緒に簿記2級を取得してメリットをたくさん受け取りましょう。

簿記は就活に役立つ!2級の取得を目標に頑張ろう

今回は簿記が就活に役立つのかどうかについて詳しく解説してきました

 

結果はすごく役立つことが分かったと思うので、もう一度確認しておきましょう。

 

✅簿記が就活で役立つ理由

①志望する企業の業績がわかる
②企業が求めている資格であり書類選考に有利になる
③簿記のスキルを活かせる職種が多い

 

✅簿記の資格を活かせない人

①肉体労働や工場勤務など仕事にお金の情報を必要としない人
②資格を取るだけが目的になってしまっている人

 

✅簿記の資格を活かせる人

・コンサル・金融業界に就職したい人・している人
・経理職に就職・転職したい人
・簿記の勉強が楽しいと感じていた人
・株式などの投資に興味がある人

少しでも役立ちそうと感じたその時が一番勉強のモチベーションが高いときです

 

こうだい
こうだい
一緒に簿記2級を取る仲間が一人でも増えればいいと思います。

 

現在流行りである簿記の勉強法であるスマホ学習について詳しく解説しているので、興味のある方は読んでみてください。

 

ABOUT ME
こうだい
20歳大学3年生 自己成長につながることや、お金についての記事を書いています。 簿記3級取得/簿記2級勉強中/FP3級勉強中 月5冊以上の読書 日本株やアメリカ株の高配当株に投資 積み立てNISA活用中